先輩・上司に聞く!
活躍の場を、世界に移そう 海外責任者 海外統括・企画課次長 山田 達広

飛行機が苦手な海外事業責任者?

私は、海外業務部門の日本側責任者を務めています。担当しているのは、海外拠点との連絡や、情報収集、そして分析です。当社が初めて海外事業所を設立したタイをはじめ、現在6ヶ所に増えた各拠点から、情報を吸い上げ、それらを元に、国内営業と、タッグを組んで営業活動を推進するのが、当部署の主な役割です。

自動車や家電のメーカー様が、海外に数多く進出しているのは周知の通りです。その生産現場でもあり、同時に市場でもある、海外からの情報には、有益なものが多く、それらをまとめて、国内・海外拠点に向けて展開することが職務です。

また、現地に直接出向き、新製品情報も仕入れています。海外では、国内にはまだ存在していない、興味深い製品を発見できることが多く、それらの情報収集を兼ねて、年に数回は世界各国を巡ります。実は、飛行機はあまり得意ではありませんが、昨年は7か国に足を運んで、情報をつかんでいます。

海外で活躍したいひとに向けて

グローバルな仕事がしたい、という方に、一言アドバイスをするとしたら、「好奇心を持って、その仕事に向き合えるかどうかを、考えて!」ですね。
当社業務の舞台は、今や日本国内とどまらず、世界となっています。胸の奥の好奇心を満たすことができる、せっかくのチャンスを、可能な限り、活かしてほしいと思います。

私は、2004年からタイに5年半駐在しましたが、その際、ダイナミックに伸びているかの国の姿を、目の当たりにしました。当初は、民家に間借りするような場所での業務だったところが、あっと言う間に庭にテントが建ち、それでも手狭になってきて、いよいよ倉庫が必要だ、というように、目まぐるしく変化、成長していきました。売上でも、当初からは3倍以上に膨らんだ時代です。

こんな後輩を期待しています!

成長著しい当社では、『どんな状況でも、物怖じせず、フットワーク軽く動ける方』が、向いています。海外とのビジネスでは、基礎的な語学力は必要ですが、それよりも、「コミュニケーションをとりたい!」と、いう気持ちで、まずは動くことこそが、大切だと思います。

また、日々、製品知識を習得し、良い品を見極める目を養っていただくことも、必要になるでしょう。

これからも、海外で活躍できるフィールドが増えていくことは、間違いありません。コミュニケーション能力を巧みに操り、エフシーテック全グループで連携すること、そこに、この仕事のやりがいがある、と思います。

仕事の流れ